2013年10月24日

千本県営林自然情報3(ハナカタバミ)

千本県営林にはたくさんの植物が生育していますが、
本来日本に自生しない植物も数多く自生状態で野生化しています。

このような植物を帰化植物と言いますが、今回紹介するのはハナカタバミという植物で、
園芸用に導入されたものが逃げ出して松林内で生育しているものです。

ハナカタバミは南アフリカ原産で江戸時代の終わりころ観賞用に渡来し
今では日本各地に野生化しています。

10.14西間門・ハナカタバミ1.jpg

10.14西間門・ハナカタバミ2.jpg

千本県営林では東間門から西浜町にかけての松林に多く見られますが、
この近辺には林内にアロエやランタナなど人の手で植えられたと思われる

園芸植物があることから、このハナカタバミもあるいは初めは植えられたものかもしれません。
カタバミの仲間は近年沢山の種類が園芸用に導入されていますが、

オオキバナカタバミやイモカタバミなど数種が帰化植物として知られています。
新しい球根(正確には塊根)は食べられると言いますが、私はまだ食べたことはありません。

余談ですが、千本県営林の中には周辺の方々が庭の草取りや不要になった鉢の
中身を捨てる方もいます。

このように千本県営林には捨てられた園芸植物が野生化して生育している例が沢山あります。
今から20年以上前のことですが、片浜小学校西の歩道橋の下で見慣れない葉をした植物を見つけました。

正体がどうしてもわからなかつたので何度か訪ねているうちに花が咲いて、
それがアルストロメリアであることが分かりました。

アルストロメリアは当時とてしはまだ珍しい切り花だったので、とても驚いた記憶があります。
この植物も今では各地で野生化しているのを目にします。

posted by あしたかりん at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛鷹山森林組合より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

千本県営林の樹木(樹皮で見分ける)

千本県営林にはクロマツだけでなく沢山の広葉樹も生育しています。
特に、西間門、小諏訪、大諏訪には広葉樹が多く見られます。

ジョギングコースを歩きながら観察してみると
それぞれの樹木の樹皮の様子が異なることに気が付きます。

すごく特徴的な種類がカゴノキです。
樹皮が写真のように鹿の子斑に剥がれるところから

カゴノキ(鹿仔の木)あるいはコガノキ(仔鹿の木)と呼ばれると言われます。
10.7カゴノキ・樹皮1.jpg

その他、肌が白っぽくてすべすべしているのがクロガネモチ        
10.7クロガネモチ・樹皮.jpg

ヤブニッケイは逆に肌が黒っぽい色をしています。
10.7ヤブニッケイ・樹皮.jpg

また、クスノキやハゼノキは縦に短く皺が入ります。
クスノキ
10.7クスノキ・樹皮.jpg


ハゼノキ
10.7ハゼノキ・樹皮.jpg


樹皮を観察しながら歩いて見るのも
千本県営林のまた違った楽しみ方と言えるかもしれません。













posted by あしたかりん at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。