2013年12月17日

千本県営林自然情報6(ハゼノキの紅葉)

千本県営林ではいまハゼノキの紅葉が見頃を迎えています。
特に小諏訪から大塚にかけての県道沿いやジョギングコース沿いで多く見られます。

色づきの度合いはいろいろで、鮮やかな紅色から橙色、黄色と変化に富んでいます。
透き通った冬の青空を背景にして見るハゼノキの紅葉はとても美しく、もみじの紅葉に遜色ないと思います。

12.2今沢ハゼノキ紅葉2.jpg

12.2今沢・ハゼノキ紅葉1.jpg

12.2大諏訪・ハゼノキ1.jpg

色の度合いの違いは一般的には一日の最高気温と最低気温の差(日較差)が
大きいほど鮮やかになると言われています。

千本県営林では松や他の広葉樹との競合の関係で日当たりに違いがあることから、
ハゼノキの紅葉は立地環境による日照条件の違いが色づきの程度に影響しているものと想像できますが、

現地で見てみると、私には必ずしもそうとばかりは言えないように思えます。
やはり、同じハゼノキでも紅葉の度合には個体差が大きく関与しているのではないかと思います。

ところで、千本松原は平成23年9月の台風と翌平成24年6月の2度の台風で大きなダメージを受けました。
ハゼノキもその例外ではなく、風倒被害に加えほとんどの個体が潮風による先端枯れを生じており、

ひどいものでは樹高の1/3から1/2まで枯れ上がったものさえあります。
台風被害から2年が経過しましたがその回復はまだまだで、

新しい枝が枯枝を覆い隠すまでにはもう数年を要するものと思われます。
そうなれば千本県営林のハゼノキの紅葉はもっともっと素晴らしいものになると期待されます。

ハゼノキは関東以西の本州、四国、九州、琉球、小笠原から台湾、中国大陸南部、
ヒマラヤ、タイ、シンドシナなど東南アジアの熱帯、亜熱帯に分布します。

果皮に脂肪分を含みこれからハゼ蝋を作ったといいます。
このためか文献により日本のハゼノキは自生ではないとするものもあり、

「関東地方以西の暖地に野生化した株がみられる。日本への最初の渡来が
琉球(沖縄県)であったため、リュウキュウハゼとも呼ばれる。」などの記述もみられます。

ハゼノキは子供のころからあまりにも身近に普通に見てきた植物であることから、
外来種といわれても私には俄かに肯首しがたい気持ちがあります。

ハゼノキは沿岸沿いの林内に生え内陸になるにしたがって少なくなります。
内陸の山地にはヤマハゼやヤマウルシ、ツタウルシなどがありいずれも美しく紅葉します。

海岸性のハゼノキはこれらと比べると葉に毛が全くなくつるつるしているので
これらを見分けるには、目で見て形を比べるよりも、

目を閉じて指で葉を触って比べた方がより確実に区別することができます。
ハゼノキはウルシの仲間なので人によってはかぶれます。

しかし、ツタウルシやヤマウルシ、ヤマハゼほどかぶれの力は強くありません。
私はヤマウルシやヤマハゼはもとよりハゼノキの葉に触るくらいでは全くかぶれることはありませんでしたが、

上述した台風被害木の整理をしているときはひどくかぶれました。
いずれの時期も熱かったため、腕に汗をかいたところへ切り口から出る樹液を付けたことが原因でした。

その後、気を付けてはいてもハゼノキの片づけ仕事では
どうしても樹液に触ることがあり何度かかぶれました。

千本県営林にはもうひとつ紅葉する植物があります。
ツタです
松の木の幹に絡みつきハゼノキとはまた違った趣で初冬の林内を彩っています。

12.2今沢・ツタ紅葉1.jpg
posted by あしたかりん at 09:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 愛鷹山森林組合より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2013年12月17日
朝から御社の伐採工事が住宅地のど真ん中にて行われております。
四方が住宅に囲まれた場所であるにもかかわらず。
近隣の住宅へ工事のお願いを一切行わず。
防塵対策を一切行わずに、伐採、倒れていた小屋の解体
防音対策を一切行わずにチェーンソーでの伐採
重機も乗り入れて近隣住民に最悪な工事を突然行っております

HPやブログで言ってる事とまったく違う行いをして気がします
なのでここに意義を唱えます
Posted by at 2013年12月17日 14:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。